更新情報

2015/01/29
サイトマップを新規投稿しました。
2013/10/28
コンタクトフォームを新規投稿しました。
2013/09/03
管理者プロフィールを新規投稿しました。
2012/10/18
騙されないようにを新規投稿しました。
2012/10/18
トラブルの報告を新規投稿しました。

電力を売却する制度

ソーラー発電を取り入れる有益性の中には、電力を売却する制度が大きな存在となっています。

ソーラー発電から電力を買い取る際の単価は一体どの程度だと思いますか?
太陽光発電システムを取り入れることを考えている方にとっては、電力を買い取る際の単価もかなり気になると思います。
ソーラー発電から電力を買い取る際の単価は、平成23年現在で1キロワットあたり42円という高い金額が定められています。

その理由は国が固定単価で買い取る制度を行っていることで、こういった高額な単価での買い取りが当てはめられているのです。
ですが、電力を買い取る単価は毎年見直されているため、一般的に42円から僅かずつ減少していく傾向が確認できると思います。
したがって、太陽光発電システムを取り入れる時期が早期であれば、それだけ高額な買い取り単価が当てはまることになるのです。

仮に現在、あなたがソーラー発電を取り入れることを考えて、躊躇しているのであれば、電力の買い取り単価が高額な現在の段階で取り入れたほうが、設置コストの元を取るのが早くなる可能性が高いと思います。
ソーラー発電の固定単価の買い取り制度が行われる期間は10年間と設定されています。
制度が実施される期間中は結構高額な買い取り単価が当てはまるため、太陽光 発電システムを取り入れることを検討している方は可能な限り早期に計画を進行できれば、その分だけ高額な買い取り単価が長期間、当てはまることを頭に入れて、ソーラー発電を取り入れることを考えると良いと思います。

なお、固定単価買い取り制度は日本のみではなく、ソーラー発電を推進している諸外国でも行われています。
勿論、日本で固定単価買い取り制度を行っているのは、ソーラー発電を更に日本全国に広めたいという目的があるためです。
そのため、余った電気の買い取り単価は太陽光発電が広まるに伴って低下させていくという意向で決定されています。

国の意向ではこの買い取り制度が終わる10年後には、ソーラー発電そのものの値段が現在の半分になるくらい広まることを想定しています。
事実それ程までソーラー発電が広まるかは分かりませんが、これまでの化石燃料を用いて電力を生み出すやり方がいつまでも継続されるわけではないため、いつかは考慮する必要のある問題だと思います。

太陽光発電促進付加金ついて 太陽光発電の余剰電力買取制度について [関西電力]
太陽光発電促進付加金ついて 太陽光発電の余剰電力買取制度について [関西電力]
△PAGE TOP